カテゴリ:未分類( 24 )

リサイクル金具と唐辛子

b0275572_18443989.jpg

スチール組み立て骨格棚のコーナー固定部品を使い回しで豪雪地区対応ってつもりで使ってみた。
なんでこんなモンとっておいてんだよって言われ20年近く経って今役立ったじゃねぇ!?

だからガラクタを大事にとっておいてんだよ。
それが役立ったんだつうこってす。

廃品廃材半分の物置作りイラつきながら楽しいかもしんねぇ~。










b0275572_18445868.jpg

庭植え(路地栽培)のハバネロが色つきだした。

虫もつかず「これピーマン?育ち悪いんじゃぁ」って言われる。

青くても辛いンだが、青野菜臭い辛さになって
これはいけませんやぁ。

固体の発育は立派級、後は色だ。









b0275572_1845599.jpg

これも路地栽培って言っても一株だけどよ。

ブート・ジョロキア色も赤くなっているが虫食いの穴、なんてこったい!!!!

2月から種を蒔いてストーブの側に置いて育てたヤツに虫かぁよ。









b0275572_184513100.jpg

喰いつかれて落ちてしまったジョロだぁ。

良く見るとナメクジが一個に二匹喰らい付いていた。

ナメクジ殺虫剤普通の3倍根元に撒いてやったが効き目はどうかよ。

ったく~!
[PR]
by bacamasa2 | 2015-09-14 00:00 | Comments(2)

中華お玉

b0275572_21465475.jpg

ネットで注文し、送料込みで送金し半月経過も音沙汰なしなのでメールすると商品が無く返金するって事になっちまった。
ホームセンターにも無しでイライラして数日後に駄目元で近くに昔ながらの個人商店の金物屋へ、
中華お玉がピンとこないようなので、「中華料理屋でチャーハンなんかを作るとき混ぜたりすくったりするやつ」
そう言うと奥に引込んで持ってきたのがこれっ。

仕入れでン十年といった埃まみれなヤツ、一応お玉部分には紙で包んであるがホコリ、それを買ってきた。
値段が600円チョイ、これで色々作るのが楽になる。

良い中華鍋とお玉あったんだが、引越しの時に家族が自分達で使わないモンでこそっと棄ててしまった。
今でも時々思い出しては怒っている。

ボケっ!
タコっ!








b0275572_21473830.jpg

ホームセンター、大型ショッピングセンターなどの調理用具売り場に行っても鉄物が無い。
テフロン加工ばかりだ。

厚底鉄フライパンの大・中・小。
100円ショップの鉄フライパン大・中に中華鍋、キャンプ用としているのも全て『鉄』
じゃりんこチエ親父と同じ『テツ』
乱暴に使ってもバリバリ焦がしてもクレンザー(野外では砂や土)と金タワシでピカッと元通りになつちゃうってのも良いんだ。

鍋のケツをお玉のケツで叩くと山じゃ熊避けになるんじゃねぇ~かな?








b0275572_21494858.jpg

むしって駆除される雑草を庭の隅に残し花を楽しんでいる。
それがこれ、名前は知らない。
[PR]
by bacamasa2 | 2015-06-25 00:00 | Comments(0)

B・Bキング KING OF THE BLUES

b0275572_19484342.jpg

B・Bキングが逝ってしまった。







b0275572_19524151.jpg

ずーっと大好きで聴き続けています。
体調面を心配していた。
年齢的にも、

“枯れたギターの音色”と言われてるようだが
オレは“泣き節”と言っている。







b0275572_201143.jpg

このボックスCD4枚組のタイトルそのまんま

B.B.King
KING OF THE BLUES










エリック・クラプトンが哀悼の意のメッセージで
 「彼の作品に接したことがない方には、“ライブ・アット・ザ・リーガル(1965年のライブ盤)”を探して聴くことをお薦めします。これが若い頃の僕にとって、全ての始まりでした」・・・(エリック・クラプトン)


その『ライブ・アット・ザ・リーガル』はここで聴けます。

曲目はここだぁ~。
Live at the regal (ライブ・アット・ザ・リーガル)









b0275572_22114575.jpg

朝刊を開いたらこれだぁ。

89歳でも
いずれ亡くなると分っていても
「今じゃないでしょう」

もう一度、新聞記事を読む

「うぅ~ん」
唸ってから

またもう一度読む。




新聞を閉じて

開いて

また読み返す。
[PR]
by bacamasa2 | 2015-05-17 00:00 | Comments(2)

煮こごりサンマ

b0275572_18125645.jpg

サンマの煮こごり、煮汁は適度の水量とそれに見合った『返し』
煮たての熱々サンマは苦手、猫舌ではないがオレの舌って少々へそ曲がりだ。

熱々ご飯じゃ煮こごりも普通の煮汁になって面白くも美味ェ~も溶けちゃって「なにがぁ、どこが煮こごり」になっちまう。

最低でも一口飯の上に煮こごりが乗っかった状態で嚙むこれがなくちゃ~煮こごりの意味ねぇ~よっ。








b0275572_1819149.jpg

b0275572_21364027.jpg

[PR]
by bacamasa2 | 2015-03-04 01:13 | Comments(0)

ローズマリー

b0275572_11534846.jpg

カーテンを開けたときにローズマリーが咲いているのに気ずいた。

完全に家ン中は春だ。

窓の外には雪の山、そんな時期に室内の鉢植えに花や新芽が咲いたり芽吹いたりすると

『こりゃ~何か良いことあるンじゃあ』って思う。

でも何にもねぇ~。











b0275572_16445196.jpg

名前はローズマリーと小便小路のスナックにでもいそうだ。

特に魚の生臭さを消す為に使う事が多いのは、オレにとっちゃ~
食材の“消臭力”なんだよナ。

これがあって焼き魚を喰う回数が増えた。
皮と身の境目(たぶん)から漂う生臭さと舌で感じるその味が苦手で焼き魚っちゃ~
「チッ!」

それが今じゃ色々な焼き魚を喰うのが楽しみになってまぁ。

例外が一種類ありまぁ~す。
(『ありまぁ~す』は小保方さんのパクリ)

それがホッケ
まず魚のくせして鱗がなぁ~い!
魚に鱗ってセットだろうよって思う。


名前も気にいらない、
ホッケって包茎と似過ぎだしなぁ~。

蝋燭ホッケと根ボッケと差別されて文句の一つも言わないホッケが嫌いだ。
同種での魚種差別だっつうの。

まぁジョーク、冗談だがホッケっつう魚が苦手なのはホンと

ホッケの開きありますって
開くナァ!

脂が乗って美味しいホッケ?
脂ぎってるだけの話、やっぱ苦手、ローズマリー出動させても駄目よ。












b0275572_2395592.jpg

これも好きな一枚ダ。
[PR]
by bacamasa2 | 2015-02-19 01:05 | Comments(0)

豚汁と皮スープ

b0275572_8591744.jpg

雪だったり暖気と雨で溶けて凍ってまた氷点下7.8度(札幌)と、オレの住んでいる同じくらい冷え込んでた。
そこで体の暖まるトン汁を作る。
肉は豚バラ、人参、じゃが芋、ゴボウ、コンニャク、木綿豆腐、

玉ネギは入れない、2cmくらいの輪切りにして塩コショウをしながら両面をゆっくりフライパンで焼き
最後に炒めた細切りベーコン乗せて熱でとろけるチーズを(今日はピザ用)乗せて最小の弱火にし、蓋かぶせてチーズが溶けたらOK、レシピは新聞からでした。









b0275572_8593415.jpg

煮始めと出来上がり、
豆腐を包丁できっちゃったぁ~。
握り潰すのがいいそれを忘れたナ。








b0275572_8594397.jpg

だし汁は、昆布とカツオと干し椎茸の冷蔵庫にストックしていたやつを使って
最後ににんにくオイルペーストを一茶匙入れ喰う時に“七味唐辛子”だよ。

トン汁の由来は色々な説があるらしいが、
北海道開拓の屯田兵がカレー粉が無くて味噌にした、それが屯田兵の屯から屯汁、トン汁、豚汁って説を北海道に住む者としちゃ~
こっちだぁ。

豚汁に焼いた切り餅を入れてもあう味噌味の雑煮、それもゴテゴテ具だくさんの雑煮。








b0275572_8594939.jpg

蕎麦屋の返しを作って、更にカツオ、椎茸、昆布でグラグラ、そのダシガラをフリーザパックで保存。
煮物などにそれとなく入れて使用、料理人が聞いたら逆上しそうなオレの日常料理生活スぅ。








b0275572_9095.jpg

暖気だ、雨だ、積もった雪が解けてマァって喜んでいたら今朝はこうだった。








b0275572_901967.jpg

人参の皮、じゃが芋やセロリなど、どうでもいいような皮や切れ端をコトコト煮て
スープにしちゃう。
皮からヘタまで食べる。

大根の皮をキンピラにして食べたのを知った農家の人が絶句
「えぇ~っ!」

大根の皮を“チンピラ”のしたってなら驚かれてもいいんだけど
“キンピラ”でっせぇ。
[PR]
by bacamasa2 | 2014-12-24 00:00 | Comments(0)

b0275572_20474224.jpg

天気は良かったのだが寒い日、家回りの冬を迎える準備が終わってなく鼻水垂らしながらも、すっかり終わらせれなくて本日もギブ!

簡単で体の温まる鍋、大量に貰った白菜があるしグツグツと煮た白菜をだし汁で割ったポン酢で喰うのが好きなんで『白菜鍋』
豚バラ入れたら美味しいンですって聞いたので豚バラの塊を買ってきて切ると
『脂身多くネェかぁ』

『ラード作った方がいいンじゃ?』

けっきょく脂身の多さに恐れをなして少しだけ入れて喰う。
茎って言うか白菜の白い部分「ウメェ~ナァ~」






b0275572_20475286.jpg

煮てから2日半くらい冷蔵庫の中で過ごした半干し大根の煮物がいい感じに染み込んでる。
熱い白菜鍋喰って冷たい大根を喰う、このギャップも好きなんだ。







b0275572_2054778.jpg

漬物を漬けて喰うのはいいンだが
一日に一回混ぜこねて空気を入れなくちゃならないってのが面倒で黄色いプラスチックの“ぬか床”を棄てる事にした。
小さい方の容器に少しずつ漬けて楽しむことにしたのよ、そう決めたら気分爽快っス。
[PR]
by bacamasa2 | 2014-11-24 00:00 | Comments(0)

イカ塩辛とイカゴロ

b0275572_341090.jpg

身は刺身、足は天ぷら、ゴロを薄塩にして
作りたて塩辛にまぶして一杯の肴に、塩辛は発酵しはじめた頃のが美味いので
その前の塩辛にゴロまぶすと『うめぇ~ぇナァ~』

餓鬼のころ、2~3このゴロを湯のみ茶碗に入れ塩を振って一晩、翌朝飯時に熱い飯の上に乗せ少しずつ絞り出してゴロの滲み込んだ熱々飯をかっこんだ。
今?
喰えない!
よく喰ったモンだなぁ。

あとはガッツリ塩をして新聞紙の上に乗せ水分をだし練りチョコより硬めになったゴロを輪切りにし魚釣りの餌にしていた。

ここ数年?
数十年くらいか、ゴロは生ゴミだったが久々に喰うゴロは
うめぇ~。


魚の内臓って美味いのにサンマなんて頭と内臓をとってパック詰で売られている
『勿体無い!』
内臓の美味いとこも一緒に喰って季節の味“秋サンマ”
[PR]
by bacamasa2 | 2014-10-24 04:09 | Comments(0)

傷んだ処を直しながら

b0275572_21152484.jpg

昨日の塗り逃げ部分に小さな羽虫が塗ったペンキに捕獲されてオレは『ムカァッ!』
羽虫にしたら『羽虫道に反する羽虫虐待、差別断固反対!
って言われるナ。
ペンキが完全乾燥するまで他を飛んでろっつうんダ。






娘からのメールから抜粋

『とりあえずちょっと10日くらい訪ねてくるつもりで来る用意したらいいんだ。あんまり考えてると、考えてる時間がかかって死んじまうぞぉ。』



 
脱出、ンその通りだ。

『父さんを〇△」の団地から脱出させるのが、私のできる父孝行かもしれんなぁ』


この頃涙腺が緩んできて、オットットになっちゃった。
ど~すんのよ。









b0275572_21161256.jpg

外壁が所々傷んでマっ!









b0275572_211742.jpg

軒先の帯の部分と前面を塗って完了も後何日?
と言うのも足場の移動が結構時間と体力消耗すんでネ。
[PR]
by bacamasa2 | 2014-08-18 00:00 | Comments(0)

冷やし汁

b0275572_19411639.jpg

昨日、今日と30度越えかぁ。
暑いのはぜんぜんOKなので体調は絶好調なのダ。







b0275572_19415981.jpg

冷やし汁とのリクエストがあって、まずは出し取りっ。







b0275572_19421143.jpg

味噌は赤味噌、白味噌と半々にとも考えたが、まっ赤味噌。

キンキンに冷やしたダシ汁に味噌を溶き混ぜ冷蔵庫に

アジの開きを買いに行ったが無かったのでコマイの甘塩の生干しでいいんじゃネェって事にしたよ。






b0275572_19425053.jpg

薬味の一部。






b0275572_19433921.jpg

大葉とチソ、バジルとパセリ、バジルは『どうせ虫に喰われるならオレ達も喰っちゃえ』の気持が大!

ピーマンは大きくなったのでサラダに







b0275572_19434653.jpg

こんな感じっす。

キュウリの一夜漬けもテーブルの上に乗る季節だし、







b0275572_19435455.jpg

オレの分、キュウリ入れるの忘れてマった。






b0275572_19442611.jpg

キャシャなチッこいオバサンが喰ったのがこっちダ。
同じくらいの量に見えるが、チョッと違う。






b0275572_2044396.jpg

左がオレの器、右がチッこいオバちゃん丼!

餓鬼のころお袋が作ってくれて、鼻を鳴らしながら食べた
『冷やしウリ』が元なんだなぁ。
井戸水に味の素パッパ、そこに味噌を入れ溶きキュウリの薄切りを入れご飯にかけて
ババァの“冷やしウリ”

それを再現して喰った。
『何てェ~こったあィ』
そんな味に狂気して喰っていたあの頃のオレ達って平和・・・だった?
[PR]
by bacamasa2 | 2014-07-18 00:00 | Comments(2)