糠サンマの三平汁 と 肉じゃが

b0275572_18504253.jpg

雪も降り積もった。
年に一度この時期に思う
『なんでこの町に住み付いちゃったのか』ってよ。

雪の降りすぎっ!
育った釧路では、雪かきの経験をしたことがなかった。
それが、雪に埋もれっちゃうほどの町に住んでいる「なんでこの町なのよォ?」

そこで、釧路での生活を思い出して“糠サンマの三平汁”




b0275572_18505041.jpg

ダシは日高のダシ昆布、なんで細く刻んでいるかっ?
ダシを取ったあとにもう一度使うンだ。




b0275572_1851231.jpg

塩味は、糠サンマからでる、不足分の塩を加えりゃ出来上がりだよ。
大根と人参は別鍋で茹でる、三平汁に大根と人参の味が出過ぎないように、これはオレの好みだからです。

三平皿って器が子どもの頃、家にあって、ダシもろくに取らず荒っぽい三平汁をガツガツ喰って育った。
あの頃のオレに、今、喰っている三平汁喰わせてやりたいネ。




b0275572_2110642.jpg

ダシを取った昆布とカツオのダシガラで昆布の甘辛い佃煮、もちろんハバネロ醤油が少し入って飯に合う。
料理を作ろうと、材料をまな板の上に乗せると、皮も葉も、ダシを取ったデガラシも全て食べちゃう事を考える。
そして、喰う。

天皇陛下の料理人だった人の話で

 明治の料理人の『三大原則』
   
    焦がすな
    捨てるな
    腐らすな

『一物全体食』
    食材を余すことなく使い切る。






冷蔵庫があって、食材を汗水流して働いた報酬で買い込み、ギュウギュウ詰めに詰め込んで、何種類かの食材を腐らせ捨てる。
こういう事を目にすると、昔はよく発狂寸前に怒り狂ったモンです。




「根菜の皮も美味しいぞっ」

「エッ!皮を食べる・・・のぉ?」


「カブとかの葉、付けたまま欲しい」つうと

「葉ぁ!?食べないよ私達は」
これは、オレと農家の人の会話です。







b0275572_1851813.jpg

肉じゃがに挑戦中。

冷めた肉じゃがとその少しの汁を、飯に肉じゃがを乗せ、汁をかけ喰うのが大好きよ。
飯に納豆をかけ、じゃが芋とエンドウ豆の冷めた味噌汁をかけて喰うのと同じくらい大好きな喰い方だ。

平均に、上手に作れるようになりたいもんです。
今ンとこ、波が有り過ぎるのであります・・・のよ。



キッチンペーパーを被せているのは灰汁取りと落とし蓋、そしてペーパーが浮き上がるのを落とし蓋で押さえているっていう、なんか変?





b0275572_18511950.jpg

もう少し煮込んで出来上がりってところよ。

ン~、60点位っすネ。





b0275572_2173674.jpg

ドブ鼠のぶんざいで、ニットのマフラー首に巻き、有るのか?無いのかぁ?分らない足に靴下を履き“メッチャ生意気!!”

先ほど、部屋に飼い主と現れドブの専用ブログを宣伝せっ!と言い残していきました。
I am Mallory ⇔ ここです。
[PR]
# by bacamasa2 | 2012-11-28 00:00 | 料理 | Comments(2)

ホームズの事件簿『マザリンの宝石』を読み比べると

シャーロック・ホームズのファンになって長い年月を過ごしている。
先日BOOK OFF で児童文学の棚でホームズをみつけた。
いい歳こいた老いぼれが児童用のホームズでもないだろうが、手にとって少し読んでみると、スカスカの脳味噌に吸い込まれるように入ってくじゃねぇ?

まず、これまでに何度か繰り返し読み返しているホームズの事件簿から『マザリンの宝石』を出だしだけ比べてみた。


b0275572_17263296.jpg

『ワトスン博士にとっては、かくも多くの目ざましい冒険の出発点となったベーカー街の家の二階の乱雑な部屋を、久しぶりに訪れるのは心うれしいことだった。
壁にかかげた科学図表や酸で焦げている薬品だな、すみにもたせかけてあるヴァイオリンや、以前はパイプやタバコ入れをよく入れてあった石炭入れなどを彼は見まわした。
それからその眼を最後にビリー少年の元気な笑顔に落ち着けた。
この利口で気転のきく給仕は、あのむっつりと陰気な大探偵の孤独と寂しさを慰めるのにいくらか役だってきたのである。』








b0275572_17265442.jpg

『ワトスン博士は、ベーカー街の建物の一階にある、雑然ととりちらかした部屋に、ひさしぶりでやってきて、しごくきげんがよかった。
この部屋が、いままで、数かずのおどろくべき怪事件や冒険の、出発点となってきたのだった。
ワトスン博士は、あたりを見まわした。壁にかけた科学の図表も、酸でおかされてこげている薬品箱も、すみのほうに立てかけてある、ホームズのヴイオリン・ケースも、そして、前によく、パイプとたばこをいれておいた石炭入れなども、むかしのままだった。
博士は、そうして最後に、にこにこわらっている。ビリーを見た。
このボーイの少年がいてくれるおかげで、ともすればむっつりしがちな、あの名探偵の、孤独でさびしい生活が、いくぶん、なぐさめられているのだった。
若いけれど、りこうで、しかも、なかなか気がきいていた。』






こりゃ良いヤな。
こういう楽しみ方もあるんだなってよ、嬉しくなっちゃった。
だけど、ホームズってヤク中なんだ。
時代が時代なら・・・・・だぜぇ。

餓鬼の頃からのホームズファンだからなげぇ~よ。
何でこの歳になってもホームズなのか、自分でも分らない。

テレビシリーズのDVD、劇場映画のDVDやビデオとホームズもんがあるけれど、特にひき込まれるようなモノは無いのにホームズ、なんでホームズなのか自分でも分らないのにホームズよ。

時には、BGM代わりに?ってふうにたれ流しにしている事もあってアホだ。



b0275572_17274611.jpg

ページの色も黄ばみを通り越してしまった陰気臭いホームズ本。
大きいし厚くて字が小さい、なのでベッドの近くに置いて布団の中で読んでいる一冊。
ホームズ60篇中47篇が載っかっている。
『シャーロック・ホームズの事件簿』載ってません。





b0275572_1728031.jpg

挿絵原画集で眠れないし、字を読む気にもなれないような時に見てその挿絵のホームズ話を思ったりしながら眠気が来るのを待ったり、単純に挿絵を楽しんでいる。

この表紙の絵を見て「ホームズのあの話ダ」って分ったら、
「お主もホームズに取り付かれちゃってるのかい?ダハァツ!」




餓鬼の頃に夢中になって読んだ『怪盗ルパン』が17篇載っかっている本を20数年前に買って読んだが、餓鬼の頃に読んだ感動が全く無い。

香りすらしねぇ~のはドぉ~言うこっちゃ??

翻訳本で一番参っちゃうのは『た。』の多い本だな。
読み進んでいくうちに『た。』にたどり着く前に脳味噌の中が「もうすぐ『た。』ダゼェ」って警告。
それで、どうしても読みきれずに途中で窓から投げ捨てた本がある。
リーダスダイジェストで販売してた“ジャッカルの日”
今も時々そのような本と出合う事がある、がぁ~っ!
買わない、読まない、本屋で見ても見ないふりしている『た。』の多い本なのだ。
[PR]
# by bacamasa2 | 2012-11-27 00:00 | | Comments(0)

アンテナとスープ

b0275572_9144668.jpg

足場を解体し、日曜日に軽トラが来る前に道路に近い場所へと運んでおかなくてはならない、急かされている訳でもないのに、ひとりで焦っているのが自分でも分らないのよ。

足場の上から近所さんを眺めてもドォ~って事ない風景だし、鼻水垂らしながらバラシ終えた。







b0275572_9271386.jpg

アンテナはいい、室内のテレビにつなぐ線が遊んでいる。
つないで見る本体のテレビが地デジに変わってから無い、元々テレビを見ない生活だったのでこのまま流れに任せようと思う。

まだまだ使えるテレビを棄てたんだ「アホ臭!」






b0275572_9291753.jpg

トマトで色をつけたスープ、豆乳を使ったら白い粉模様が現れちゃった。
見た目の美味さ半減ってとこダよな。

右は人参主役のペーストスープってぇ風なモンかな、キンキンに冷やしてある。






b0275572_9295385.jpg

色々工夫しながら口当たりがヨーグルトの様なスープは?と考えたのがこれ。

冷たくてスプーンですくうとポッテっと盛り上がって乗っかる。
シャバシャバじゃない





b0275572_9304287.jpg

奈良から送られてきた奈良漬けを食べた後に残った漬け味噌?
それを棄てずに、庭で育てたキュウリを漬け込んでみた。
それが・・・奈良漬けのキュウリになったネ。




b0275572_9304898.jpg

それを細長く切って、ロールおにぎりの巻き込みオカズの一品として入れた。
飯にはオカカ散らしと利尻っ子という振りかけを散らした二種類のロールおにぎりにそれぞれ、
薄焼き卵の細切り、奈良漬けもどき、カツオのマヨネーズを入れた。





b0275572_9385861.jpg

一本を三等分に切って竹の皮で包んでバカ政のロールおにぎりの出来上がりです。
なんの為の弁当?
遠くの工房作業のための昼めしです。





b0275572_2253460.jpg

こんな感じだぁよ。

なんとも雑な三等分





b0275572_9391044.jpg

野菜類を煮て粗熱を取ってます。
煮たスープは棄てない、この野菜類をミキサーで撹拌し棄てずにとっておいたスープに戻すと





b0275572_9451387.jpg

こういうスープになった。

乳製品ゼロの野菜ミックススープ、散らしている緑色は



b0275572_9505213.jpg

出窓で鉢栽培しているハーブのパセリ、

左から

イタリアンパセリ、パセリ、バジル。
[PR]
# by bacamasa2 | 2012-11-26 00:00 | 料理 | Comments(0)

八角形シャーペン予想 “的中ダぁ!”

今日(11月25日)の第32回ジャパンカップのコロコロ予想が一回目のコロがドンピだったぜぇ!

馬連
15-17    700円

馬単
15-17   1580円


二回目のコロコロまでいくと

三連複
13-15-17    1010円


三連単
15-17-13    5550円


「どダっ!」
[PR]
# by bacamasa2 | 2012-11-25 18:51 | 競馬(プラス予想) | Comments(0)

八角形シャーペンでコロコロ予想

ジャパンCを八角形シャーペンでコロコロ予想をしてみた。
一回目
8枠で止まったネ。
15番ジョンティルドンナと
17番オルフェーブルだナ

二回目
7枠で
13番ルーラシップ
14番ソレミア(旅疲れ?)

三回目
2枠だ
4番フェノーメノ

となったドォ~。
[PR]
# by bacamasa2 | 2012-11-25 12:10 | 競馬(プラス予想) | Comments(0)