白菜が美味い

b0275572_2264425.jpg

ここ数年美味くてしょうがない野菜がある。
それは白菜だ。
好きだと言っても御浸しは苦手、どんなのがって言うととろけるくらい煮込んだ白菜。

塩コショウを振った鶏肉を一口大に切ってフライパンにニンニクオリーブオイルで炒め、いつものダシ汁を入れた別鍋に肉を移し
油の残ったフライパンで玉葱、にんじん、そうして沢山の適当の大きさに切った白菜を炒めちゃうんだ。
それも出し汁と鶏肉の入った鍋に入れ、カットトマト缶一個と固形チキンスープの素を二個、ケチャップもオレ好み量入れた。
煮込む、煮立ったら蓋をして煮る、極小弱火で煮る。
今回は2時間半煮た。

バルメザンチーズを入れ少し煮て出来上がり、じゃが芋は電子レンジでチンしておいて煮込み終わる20分前くらいに前に鍋に入れる。

ドライバジルも入れた。
メモっていないので忘れているものもある。
味見をしてちょこまかと調味料を入れちゃうンで
こう作るんだって言うような料理ではないです。

半トロ状態でスープの沁みこんだ白菜をタップリ喰いたいための一品てな気楽な白菜煮込みだ。












b0275572_2291848.jpg

トースト1枚と白菜煮込み、食べる前にバルネザンチーズを降りかけて今夜の飯。
肉無しでも良いと思う。

残ったらスープ皿に飯、それにかけても美味い、こうやって喰うのも楽しみなんだな。
[PR]
by bacamasa2 | 2014-02-08 00:00 | 料理
<< 出汁ガラの佃煮 スノーシュー >>