まだまだ出てくる

b0275572_2205979.jpg

737ページの漫画讀本という文庫本が文庫本の包みから出てきた。
1989年1月10日 大1刷だから26年前になる、ページの隅々がベージュ色に変色しているが
長谷川町子とか加藤芳郎、手塚治虫、園田俊二、小島功、富永一朗、などなどのオレ好みな漫画、
馬場のぼるなんてなっつかしい。

エッセイでは
東海林さだお、赤塚不二夫、殿山泰司、戸川幸夫、吉行淳之介などなど。
この本を破棄ようビニール袋に一度入れちゃったのよ。

いま、贅沢なブックカバーを被せてもう一度二度、三度楽しもうって事にした。

西洋コントってページに
『さてはあたためていたのネ』
 女の子をつれていって雪山で遭難したドンを、
病院に見舞った女房のグッピーは、その凍傷のひどさに思わず眉をひそめた。
「ひどい凍傷だわ」
「うん。手足をはじめ、身体じゅうをやられたよ。この通りにな・・・・」
 ドンは、指の落ちかかった手を見せた。
 グッピーの視線は、当然のように下のほうに動いた。
すると、ドンは察してこう言った。
 「でもね、お前の心配しているところは大丈夫だった。一緒に行った女の子のおかげでね」


こんな良い本(オレにとって)棄てられねぇ~。








b0275572_2211364.jpg

1996年の『競馬GⅠ 最強馬カタログ』と『種牡馬最新データブック』も
すがる思いで読んでいたんだろう。
知識を詰め込んだら競馬で勝てる確率が上がるんじゃねぇって
真面目に思い真面目に?負けていた。
それがけっこう楽しかったんだ。

今日(5月10日)マイツカップGⅠ
コロッと八角シャーペン予想で2着3着よ。
7番クラリティスカイにも印を付けていたが買ってネェ。
コロコロ予想と気になる馬を選んだら9頭になって
それを馬単で全て組み合わせ買うと72とうり

馬単7-9で5.990円

72点買ったら72.000円
当たり配当金が59・900円

買ってたとしたら12・100円のマイナスだし、こんな買い方できねぇ。
結果、2着3着でパァ~でんねぇ。
[PR]
by bacamasa2 | 2015-05-11 00:00 |
<< 線香ネギの収穫 野外めし >>