国光

b0275572_220857.jpg

国光と言う種類のリンゴの木に付いた蕾。
スーパーで見かけなくなったリンゴ、硬くてすっぱ味の強い味が好きだった。
そのリンゴを幼稚園頃の娘と皮のまま齧り付いては、一鉢だけあったあるふてた道端の小さな木を植えて茶の間に置いていた。
そこに種を口からプッと鉢に飛ばして押し込んだその中の一本がこの木。
3年前に一度も咲かないこの木を『切っちまうどぉ~!』と本気で思っていたら
ポツンと1個花を咲かせた。
去年は三個で実にはならず咲いて枯れてお仕舞いよ。
今年は沢山咲きそうだ。

春先のド素人の剪定で花芽の付く枝を沢山切ってしまった。

数個、もしくは1個でも国光リンゴを採って喰いたい訳よ。

全体の写真を撮ってと思うが余計な背景が入り込むんでこんなモンだよ。







b0275572_14553215.jpg

これから数年後に喰ったリンゴだ。

川湯の硫黄山駐車場で、この頃は駐車場は無料だったが数年前に行ったら
キッチリと駐車料金取れた。
硫黄山から立ち昇る水蒸気も「あれっ?」てくらい少なくガッカリでしたぁ。
[PR]
by bacamasa2 | 2015-05-13 00:00 |
<< 産毛と自転車 線香ネギの収穫 >>